2006年06月

2006年06月30日

労働力調査(速報)平成18年5月分結果の概要

(就業者)
 ・就業者数は6448万人。前年同月に比べ13万人の増加。13か月連続の増加
 ・就業者のうち,雇用者数は前年同月に比べ78万人の増加。15か月連続の増加
 ・主な産業別就業者を前年同月と比べると,サービス業,製造業,運輸業,
「医療,福祉」及び「卸売・小売業」が増加,その他の産業は減少

(完全失業者)
 ・完全失業者数は277万人。前年同月に比べ30万人の減少。6か月連続の減少
 ・求職理由別にみると,前年同月に比べ「勤め先都合」が9万人の減少,
「自己都合」が14万人の減少

(完全失業率)
 ・完全失業率(季節調整値)は4.0%と,前月に比べ0.1ポイントの低下
 ・男性は4.2%と,前月と同率
 ・女性は3.8%と,前月と同率


労働力調査:平成18年6月30日公表

tutida2oo2 at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!統計 

2006年06月29日

アスファルトの熱で労災死、東京地裁が認定

 共同通信によると、道路舗装工事中に倒れ死亡した東京都足立区の男性作業員=当時(45)=の妻が、労災保険の遺族補償給付を認めなかった足立労働基準監督署の処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は 26 日、労災と認め不支給処分を取り消した。

難波孝一裁判長は「アスファルト工事という暑い場所での業務で熱中症になり、不整脈を発症し死亡した」と判断した。


独立行政法人 労働政策研究・研修機構/メールマガジン労働情報/判例:6 月 26 日続きを読む

tutida2oo2 at 08:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!労災 

2006年06月28日

労働者の疲労蓄積度チェックリスト

 厚生労働省では,平成14年2月に「過重労働による健康障害防止のための総合対策」を策定し(平成18年3月に全面改訂)、時間外労働の削減と一定時間以上の時間外労働を行わせた場合の健康管理措置の徹底について周知を図ってきました。
 過重労働による健康障害を防止するため、働く人それぞれの疲労蓄積度を判定するためのチェックリストとして、平成16年6月に、労働者本人による自己診断のためのチェックリスト及びご家族により労働者の疲労蓄積度を判定できるチェックリストを作成し、公表しております。それぞれ積極的な健康管理のために活用して下さい。

 労働者の疲労蓄積度自己診断チェックリスト
 家族による労働者の疲労蓄積度チェックリスト
 過重労働による健康障害防止のための総合対策リーフレット
過重労働による健康障害防止のための総合対策通達
 中央労働災害防止協会 総合判定プログラム

厚生労働省:労働基準局安全衛生部労働衛生課

tutida2oo2 at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!話題 

2006年06月27日

労災の審査期間長すぎるとして違法行為確認訴訟

 労働保険審査会(東京都港区)が労災認定の審査請求から6年以上も結論を出さないのは行政の不作為に当たるとして、東京都内の50代の女性が13日、国を相手取り、同会の違法行為の確認を求める訴訟を東京地裁に起こした。原告代理人によると、同会の違法行為確認訴訟は全国初。
 労災認定は各労働基準監督署、都道府県にある労働局の労働者災害補償保険審査官、全国唯一の労働保険審査会の順番で計3回審査を受けることができる。

Sankei Web:06/13 20:30続きを読む

tutida2oo2 at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!労災 

2006年06月26日

三六協定偽造を書類送検

埼玉労働局と警視庁及び埼玉県警察との合同捜査本部による労働基準法違反及び有印私文書偽造・同行使被疑事件の送致について


平成18年4月20日
埼玉労働局労働基準部監督課
 埼玉労働局(監督課)、警視庁及び埼玉県警察による合同捜査本部は、標記の事件に係る被疑者を本日、さいたま地方検察庁に書類送検した。
 また、埼玉労働局(局長 村上 文(アヤ))は、管内の各労働基準監督署長に対して過重労働が要因となって発生する交通災害を防止するための改善基準等の遵守の徹底について監督指導を実施することを指示するとともに、本日、時間外労働等に関する協定届に関して有印私文書偽造等悪質な犯罪行為を認めた場合には、刑事告発等厳正に対処するよう指示した。


埼玉労働局|埼玉労働局と警視庁及び埼玉県警察との合同捜査本部による労働基準法違反及び有印私文書偽造・同行使被疑事件の送致について続きを読む

tutida2oo2 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!労働基準法 

2006年06月25日

労基署大ポカ、内部告発投書置き忘れ告発者バレる

 三田労働基準監督署(東京都港区)が内部告発者からの投書を受けて同区内の卸売会社に調査に入った際、その投書を会社に置き忘れ、内部告発者がバレてしまうというお粗末なミスをしていたことが、24日までにわかった。

ZAKZAK 2006/06/24続きを読む

tutida2oo2 at 13:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!話題 

2006年06月24日

国民年金の多段階免除制度

 平成18年7月から、国民年金保険料の多段階免除制度が実施されます。従来からの「全額免除」及び「半額免除(2分の1納付)」に加え、「4分の1納付」及び「4分の3納付」が加わる。

<全額免除制度>

○申請により保険料の全額が免除(13,860円免除)

○全額免除期間は、全額納付したときに比べ、年金額が3分の1となる。

○本人の所得基準及び世帯構成別の所得基準あり。

<一部納付(一部免除)制度>

○申請により保険料の一部を納付(免除)

○一部納付は3種類ある。

・4分の1納付:保険料 3,470円:年金額は2分の1

・2分の1納付:保険料 6,930円:年金額は3分の2

・4分の3納付:保険料10,400円:年金額は6分の5

○本人の所得基準及び世帯構成別の所得基準あり。


tutida2oo2 at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!年金 

2006年06月23日

給与の成果主義合法 減給の社員逆転敗訴

 給与制度を実質年功序列型から成果主義型に変更した企業の社員が給与減額分支払いなどを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は22日、制度変更を「合理的」と判断、社員勝訴の1審・横浜地裁川崎支部判決を取り消し、請求を棄却した。
 浜野惺(しずか)裁判長は判決理由で「就業規則の不利益変更に当たるが、労働生産性を高めて競争力を強化する高度の必要性があった」と指摘。また(1)給与原資総額は減らさず、配分の仕方を改める(2)自己研鑽(けんさん)による昇格・昇給の機会平等が保障されている(3)人事評価制度に最低限の合理性がある―など成果主義が認められるための要件を示し、満たしていると認定した。


Sankei Web 06/23 01:30続きを読む

tutida2oo2 at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!人事制度 

2006年06月22日

健康保険法の改正

○報酬月額算定基礎届の算定対象月の支払基礎日数が17日以上に変更(平成18年度算定基礎届より)

○一定以上の所得を有する70歳以上の自己負担が2割から3割へ(平成18年10月)

○出産育児一時金の給付額が1児ごとに30万円から1児ごとに35万円へ(平成18年10月)

○埋葬料が標準報酬月額の1か月分(最低10万円)から定額5万円へ(平成18年10月)

○出産手当金が1日につき賃金の6割相当額から賃金の3分の2相当額へ(平成19年4月)

○資格喪失後6ヶ月以内の出産手当金の請求ができなくなる(平成19年4月)

○任意継続被保険者の出産手当金の請求ができなくなる(平成19年4月)

○傷病手当金が1日につき賃金の6割相当額から賃金の3分の2相当額へ(平成19年4月)

○任意継続被保険者の傷病手当金の請求ができなくなる(平成19年4月)

○標準報酬月額の上限が98万円から121万円へ(平成19年4月)

○標準報酬月額の下限が9.8万円から5.8万円へ (平成19年4月)

○標準賞与額の上限が1回200万円から年間540万円へ (平成19年4月)

○乳幼児の自己負担2割が3歳未満までから義務教育就学前までへ(平成20年4月)

○70歳以上75歳未満の自己負担が1割から2割へ(75歳以上は1割) (平成20年4月)


tutida2oo2 at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!法改正情報 

2006年06月21日

パートタイム助成金

 1.正社員と共通の処遇制度を導入した場合・・・50万円
 2.パートタイマーの能力・職務に応じた処遇制度の導入をした場合・・・30万円
 3.正社員への転換制度の導入をした場合・・・30万円
 4.短時間正社員制度の導入をした場合・・・30万円
 5.教育訓練を実施する制度を導入した場合・・・30万円
 6.健康診断・通勤に関する便宜供与の実施をする制度を導入した場合・・・30万円

※1と2はどちらか選択。6は1から5のいずれかを受給した場合のみ。
 上記の制限以外は併給可能。

申請先は (財)21世紀職業財団


tutida2oo2 at 08:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!助成金