2012年06月

2012年06月22日

精神疾患による労災申請・認定件数が過去最多

厚生労働省が平成23年度の「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」を発表し、仕事上のストレスで精神疾患にかかり、労災申請した件数が1,272件(前年比91件増)、認定された件数が325件(同17件増)となり、それぞれ3年連続、2年連続で過去最多を更新したことがわかった。


tutida2oo2 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!統計 | 労災

2012年06月20日

建設業の営業許可に社会保険書類義務付け

 国土交通省は、建設労働者の社会保険加入率を上げるため、建設業者が都道府県に営業許可を申請する際、雇用保険と健康保険、厚生年金の3種類の加入状況を記した書類の提出を義務付けることを決めた。既に関係省令を改正済みで、11月から適用する。
 
 2011年の政府調査によると、3保険すべてに加入していた建設業者は全体の84%で、労働者では57%にとどまった。

 営業許可の書類は、新規申請時と5年ごとの更新時に提出する。3保険に未加入の業者には加入を要請し、応じない場合は厚生労働省に通報する。また、工事現場で閲覧できる「施工体制台帳」に、下請け業者一覧や工期だけでなく、各業者の保険加入状況を記載することも義務付ける。
 


tutida2oo2 at 03:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社会保険 | 話題

2012年06月19日

4月の現金給与総額、前年同月比0.2%増

 厚生労働省が18日公表した4月の毎月勤労統計調査結果の確報値(事業所規模5人以上)によると、現金給与総額は27万2,470円で前年同月と比べ0.2%増加した(速報値27万3,871円)。総実労働時間は、同0.4%増の150.4時間(速報値=150.6時間)となった。


tutida2oo2 at 03:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!統計 

2012年06月18日

パワハラ:職員に差別的言葉 佐賀大、准教授を停職処分

 佐賀大は15日、女性大学職員に対し、差別的な言葉や自身のミスを責任転嫁する発言をするなどしたとして、50代男性准教授を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。
 
 同大によると、准教授は10年4月、学内の承認を受けていない場所で実験用マウスを飼育し、実験。実験を行う際に必要な訓練も受けていなかった。
 こうした手続き不備について、准教授は「女性が手続きについてきちんと連絡、説明しなかったせいだ」などという趣旨の文書を女性に送って責任転嫁。さらにそれ以前にも、公の場で、女性が非常勤であることを侮辱するような差別的な言葉を投げかけたという。
 
 同年6月、職員が大学側に訴えて発覚。准教授は「そういう趣旨で言っていない」と話しているという。

毎日新聞 2012年06月16日 地方版  



tutida2oo2 at 03:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!話題 

2012年06月17日

うつ病など精神疾患の労災 最多に

仕事上の強いストレスが原因でうつ病などの精神的な病気に追い込まれたとして、昨年度、労災と認定された人は325人で、これまでで最も多くなったことが、厚生労働省のまとめで分かりました。
 
厚生労働省によりますと、過剰なノルマや職場での嫌がらせといった仕事上の強いストレスが原因で、うつ病などの精神的な病気になったとして、昨年度、労災を申請した人は1272人で、このうち325人が労災と認められました。
これは前の年より17人増加し、これまでで最も多くなりました。
 
自殺したり自殺未遂に追い込まれた人は66人に上っています。
年代別では、最も多いのが30代で112人に上り、20代も69人と、30代以下の若い世代が全体の半数以上を占めています。



tutida2oo2 at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!労災 | 統計

2012年06月14日

日本マクドナルドが定年制廃止、改正高年齢者雇用安定法に対応

  日本マクドナルドは就業規則を改訂し、正社員の定年制を廃止した。社員の年齢を、個人の能力と関係のない事柄とし、業績維持や戦略目標の達成に定年制は不要と判断したという。
 
年金支給の段階的引き上げに伴う、「改正高年齢者雇用安定法」の施行に対応するもの。

同法では、企業に対し
(1)「65歳までの定年の段階的引上げ」、
(2)「定年退職後の継続雇用制度の導入」、
(3)「定年制の廃止」
のいずれかを選択するよう義務付けている。

nikkei BP net   2006年5月24日 14時29分


tutida2oo2 at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雇用 | 話題

2012年06月12日

三六協定の代表者選出に問題あり、書類送検

 三重県、伊勢労働基準監督署は、鳥羽市の旅館「戸田屋」の社長(60)▽執行役員で業務支配人(53)▽総務部長(42)▽同社の顧問社会保険労務士(55)の男女4人と法人としての戸田家を労働基準法と労働安全衛生法違反の疑いで、津地検伊勢支部に書類送検した。
 
 同署によると、昨年6月、就業規則に関する協定を従業員の過半数を代表とする者と結ばなければならないのに、代表でない従業員に押印させた違法な協定届けを作成し、最も長い従業員で昨年8月21日から1カ月間で、129時間の残業をさせたなどとしている。4人は容疑を認めているという。昨年12月、同労基署に内部告発があり、捜査していた。
 
毎日新聞 2012年03月21日 地方版  


tutida2oo2 at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!労働基準法 | 話題

2012年06月07日

1日6時間労働には、工夫

   日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが、2012年5月から「1日6時間労働」をスタートして話題になっている。

 もともと「1日8時間労働」だったのを、2010年8月に「7.5時間」に減らし、それから2年足らずで1.5時間減らすには、いろいろな工夫があるようだ。
 
1、午前9時から午後3時まで、昼休みを廃止し、6時間きっちり働く
  (法定は6時間超で45分、8時間超で1時間なので、6時間以下なら
   休憩無しでもOK) 
 
2、 1時間単位で設定していた会議を45分に短縮

3、社内会議の資料をパワーポイントで作るのをやめ簡単なメモで
済ますことにし、会議に関わる時間を大幅に短縮した
 
4、社内の連絡メールも長文にしないよう呼びかけ、口頭で済ませ
られるものはメールを使わないようにした

5、「朝礼や日報は、本当に必要なのか」といった検討も行われている
 


tutida2oo2 at 17:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!話題 | 労働時間

堂島ロール:製造販売会社に未払い賃金支払いの是正勧告

 人気ロールケーキ「堂島ロール」を製造販売する「モンシュシュ」(大阪市北区)に対し、天満労働基準監督署が未払い賃金の支払いを求める是正勧告を出したことが分かった。

 同社や関係者によると、労働基準法に違反しているとして是正勧告を受けたのは5月10日。あらかじめ社員にみなし残業時間を設定し、残業代込みの給与を支払っていた。しかし、実際の残業時間がみなし残業時間を大きく超過しているとして、残業時間の短縮と過去2年分の未払い賃金の支払いを求められたという。
 
 モンシュシュのホームページによると、同社は03年9月創業、従業員は約570人。民間信用調査会社によると、「堂島ロール」のヒットで業績を拡大しており、11年9月期の売上高は66億8100万円。



tutida2oo2 at 03:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!労働基準法 | 賃金

2012年06月06日

割増賃金の計算の基礎に入らない手当

  割増賃金の算定基礎に算入されない賃金については次の7項目が限定列挙されている。したがって、これらに該当しない「通常の労働時間又は労働日の賃金」はすべて算入しなければならない。

_搬下蠹
 名称が物価手当、生活手当などであっても、その実態が「扶養家族数又はこれを基礎とする家族手当額を基礎として算出された手当」については、家族手当に含まれ【昭22.11.5 基発第 231号、昭22.12.26. 基発第 527号】、割増賃金の基礎に算入されない。
 しかし、扶養家族数に関係なく一律に支給される場合は、家族手当と称していても、実質的には家族手当ではないため、通常の賃金として割増賃金の基礎に算入される。

通勤手当
 労働者の通勤距離又は通勤に実際に要する実費に応じて計算され、支払われる手当をいう。一律に支給する場合は、実際の距離に対応しない一定額の金額がこの通勤手当とはならない【昭 23.2.20 基発第 297号】。

J無鐚蠹及びせ匳教育手当
 単身赴任手当等の世帯が二分されるための費用と子どもの教育費は、割増賃金の基礎に算入されない。

ノ彁に支払われた賃金
 臨時突発的事由により支払われたもの、及び結婚手当など支給条件はあらかじめ確定されているものの、支給事由の発生が不確定であり、かつ非常に稀に発生するものをいう【昭22.9.13 基発第 175号】。例えば、私傷病手当、病気見舞金、などである。

Γ吋月を超える期間毎に支払われる賃金
 賞与などであり、具体的には、労働基準法施行規則第8条に定められた次の賃金である。
○1ヵ月を超える期間の出勤成績によって支給される精勤手当。
○1ヵ月を超える一定期間の継続勤務に対して支給される勤続手当。
○1ヵ月間を超える期間にわたる事由によって算定される奨励加給または能率手当。

Ы斬霄蠹【平11.4.28 基発第 287号。平 11.10.1より施行】
 名称に関わらず、住宅に要する費用に応じて(定率を乗じる、段階ごとに支給額を変える等して)算定される手当。住宅形態(賃貸か持ち家か)や住宅以外の要素(扶養家族数の有無)で額が変動したり、全員一律支給のものは、「除外される住宅手当」に当たらない。

なお、「通常の労働時間又は労働日の賃金」とは、所定労働時間に労働した場合に支払われる賃金である。したがって、時間外手当は、所定労働時間外になされる労働に対する賃金であるため、「通常の労働時間又は労働日の賃金」には含まれない。固定残業手当、残業見合手当も同様である。



tutida2oo2 at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!労働基準法 | 賃金