2005年11月01日

離職者支援資金貸付制度

 失業により生計の維持が困難となった世帯に対し、再就職までの間の生活資金を貸付けることにより、失業者世帯の自立を支援することを目的としている。

○次の要件の全てに該当する場合に貸付けが受けられる。

 1 生計中心者の失業により生計の維持が困難となった世帯であること

 2 生計中心者が就労することが可能で、求職活動等を行っていること

 3 生計中心者が就労することにより世帯の今後の生活の見通しが明らかなこと

 4 生計中心者が離職の日から2年(特別の場合は3年)を超えていないこと

 ※「特別の場合」とは、就労のための技能習得等を行っている場合

 5 生計中心者が雇用保険の一般求職者給付を受給していないこと

○貸付限度額

 月額20万円(単身世帯は10万円)

○貸付期間

 12ヶ月以内

○貸付金の利率

 年3%

○連帯保証人

 原則として1名

○貸付金の償還

 貸付期間終了後6ヶ月間を据置期間(無利子)とし、据置期間経過後7年以内で償還。

○提出書類等
住民票、雇用保険受給資格者証、源泉徴収票、求職受付票、運転免許証、印鑑登録証明書等

○問い合わせ先
社会福祉協議会



tutida2oo2 at 09:33│Comments(0)TrackBack(0)clip!話題 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔