2007年09月04日

第3号被保険者は昭和61年4月1日から

 第3号被保険者制度の始まりは昭和61年4月1日からで、夫が厚生年金か共済年金に加入していた専業主婦などの場合、保険料免除で国民年金の加入者という扱いに変更されました。

 昭和61年3月31日までは国民年金に任意加入でしたので、保険料を払っていなければ国民年金の未加入者として扱われ、その間は無年金の期間となっていました。

 では、国民年金制度が始まった昭和36年4月から昭和61年3月までの扱いはどうなるかというと、この期間は、「合算対象期間(カラ期間)」として、年金額には反映しないけれども年金加入期間の計算には反映するという期間として扱われることとなりました。

 年金受給には25年の加入期間が必要で、25年なければ老齢給付は受け取れません。昭和61年4月以降の期間が少ない専業主婦の中には、それまで年金に未加入だった人たちも多く存在しますので、そのような方にとっては、とても25年の年金加入期間を満たすことはできないため、そのような取り扱いを行うこととなったのです。

 そのため国民年金を受給する権利自体は得られやすくなりましたが、年金額に反映するのは、任意加入で保険料を国民年金保険料を払った期間か、その他の年金制度に加入している期間がなければ、昭和61年4月以降の第3号被保険者の期間だけです。第3号被保険者の期間が短い場合は、国民年金の年金額も低額な金額にしかなりません。

 加入期間が25年あっても、昭和61年4月からの第3号被保険者期間の分と、自分で年金の保険料を納めた期間の分で年金額が計算されるからです。



tutida2oo2 at 21:59│Comments(0)TrackBack(1)clip!年金 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 国民 年金 第3号 被 保険者の気になる話  [ 保険と年金の気になる話 ]   2007年09月17日 21:47
保険と年金の気になる話を紹介します。総務部です(18)・・・厚生年金被保険者住所確認先日、社員の厚生年金の住所を調べた。厚生年金保険被保険者・国民年金第3号被保険者住所一覧表といわれるものを管轄の社会保険事務所から取寄せたも

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔