2007年10月26日

住み込み管理人にも残業代

 夫婦でマンションの住み込み管理人をしていた女性(67)が雇用主で大林組子会社の「大林ファシリティーズ」を相手に、残業代など約 4,000万円の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(津野修裁判長)は 19日、「所定労働時間外にも、住民らに対応できるよう待機せざるを得ない状態に置かれていた」と述べ、残業代は支払われると判断した。

 同小法廷は、夫婦は平日午前 9時 〜 午後 6時の所定時間以外にごみ置き場の扉の開閉や、空調設備の運転切り替えなどの仕事をしていたとして、平日の労働時間を午前 7時〜午後 10時と認定。 2人分の残業代が支払われるべきだとした。

 管理マニュアルで、管理人室の照明が点灯している間は時間外でも宅配便などに対応すべきだとされていたとし、「残業は会社による黙示の指示だった」とも指摘した。

時事通信:10 月 19 日
独立行政法人 労働政策研究・研修機構/メールマガジン労働情報/判例


tutida2oo2 at 09:51│Comments(0)TrackBack(1)clip!話題 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1.  【厳選お役立ち情報館】マガジン独占広告  [ いらっしゃいませ! ]   2007年10月26日 22:25
結果が出ないメルマガ広告はもう止めませんか?巷に氾濫している独占広告配信サイトの中でその購読者により、宣伝効果にはかなりのひらきがあるのをご存知ですか?【厳選お役立ち情報館】マガジン独占広告は、ネットビジネスに特化した購読者が多数を占めていますので他の独...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔