2012年10月22日

労災事故隠し、フジコーを書類送検

 北九州東労働基準監督署は19日、労災事故でうその報告をしたとして、製鉄所生産請負のフジコー(戸畑区中原西)と、同社小倉事業所長(59)を労働安全衛生法違反容疑で地検小倉支部に書類送検した。
.
 容疑は今年5月、住友金属工業(現新日鉄住金)小倉製鉄所の構内で、製鋼作業中のフジコーの男性作業員(65)が左手指を骨折する事故があったのに、戸畑区の自社工場で発生したように偽って報告したとしている。同社は02年以降、発生場所の虚偽報告10件、未報告6件の計16件の不正があった。
 
 フジコーは同日記者会見し、萩尾寿昭常務が陳謝。小倉事業所長と、不正に関わった担当課長を4日付で諭旨解雇したことを明らかにした。所長は発注元の住金に「迷惑をかけたくなかった」と話しているという。匿名の内部告発で発覚し、過去にさかのぼって社内調査した結果、歴代3人の所長が関わった計16件の不正が判明したという。


10月20日朝刊





tutida2oo2 at 12:23│Comments(0)TrackBack(0)clip!労災 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔