2016年01月16日

マイナンバー(雇用保険)の取扱変更予定

マイナンバー開始(雇用保険) 2016.1.4
の記事でお知らせしたとおり、現行では、
(高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付)では、
マイナンバーの番号確認をハローワークが行なうため、マイナ
ンバーを記載する
だけではなく、通知カード、個人番号カード、
個人番号付き住民票記載事項証明書の
いずれかの写しの添付
が必要です。 
 

これは、法律上、雇用継続給付を受けようとする者が支給申請を
行なうこととなっているためですが、実際の申請の多くは事業主が
被保険者の代理で行なっています。

事業主が代理申請する場合、ハローワークの窓口に通知カードの
写しを提出する必要があり、事業主の負担は大きく、また情報漏洩
のリスクに脅かされる状態となっています。 

そのため、支給申請は原則として事業主経由で行なうと法改正する
案がパブリックコメントを募集し、1月下旬施行を目指しています。
改正されれば、事業主がマイナンバーを確認すれば、ハローワークに
通知カードを提出する必要はなくなります。

パブリックコメント:
雇用保険法施行規則の一部を改正する省令(案)に関する御意見の募集について


tutida2oo2 at 21:40│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔